FC2ブログ
11
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
: < >
--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | edit | top

2011.05.15 *Sun*

友人

半泣き状態で避難所へ。なんと入り口にあきらめていた
ヤスがいる。生きていた!D君のおうちは高台にあるので
そこで双子くん2人と泊まっていたらしい。D君のおかあさんは
私のいきつけの耳鼻科の看護師さん。なんという偶然だろう。
彼女に抱きついて泣きながらお礼を言った。
「それではお母さん確かにお渡ししましたよ」
ありがとうございます何回、連呼しただろう。
ヤスにも生きてて良かったと泣きながら抱きつく
なんと彼の返事は「おめぇうぜえよ」
なんてひどい言葉だろう。

後日わかったのだが彼は事の深刻さをその時点で
知らなかったのである。誤解してごめんなヤス

クルリンさんがいる。彼女は一緒に泊まった双子君の
お母さんである。いわゆる犬とも兼ママ友である。
彼女に抱きついて「レオン死んだぁ」と泣いた。
いいからいっぱい泣きなと背中を抱いてくれた。

これも後日わかったのだがクルリンさんの
ご主人は漁師さんで急死に一生を得たのである。
しかし仕事仲間の何人かは行方不明の状態。
これから漁がどうなるかわからないそんなときに
私を抱いてなぐさめてくれたのである。
強い女性である。優しい女性である。

ヤスが双子君と家に向かうという。危ないし
レオンの死んでいる姿は見せたくない。
行かないほうがいい。その言葉を背に彼らは
家まで走っていってしまった。

3月12日 part3
スポンサーサイト

COMMENT

言葉にならなくて
リンク貼ってくださりありがとうございます。

まさか・・・こんな壮絶なご体験をされていたなんて・・・

言葉が思いつかなくて、
ブログ見てから数日経ってしまいました。
ごめんなさい。

2011/05/17(Tue) 15:02 | ChouChou #- [Edit
どういたしまして
自分では壮絶とは思ってないんです。
その当時はボケ~としてました。

感覚がまだマヒしているのかも
しれませんね。

twiterでブログを宣伝?して
いただいてありがとうございます。
私もなんとか時間を見つけて
記事を書きたいと思います。
2011/05/17(Tue) 17:32 | ChouChouさんへ #mQop/nM. [Edit

Comment Form


非公開コメント


TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

でんでんむし

Author:でんでんむし
東日本震災の被災者です。
家は半壊強。愛犬のレオンを
亡くしました。今は四倉高校を
でまして、市から提供された
海の目の前のマンションで暮らしています。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (13)



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Copyright © ふるさと All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ 素材: ふわふわ。り ・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。