FC2ブログ
05
:
1
2
3
4
6
9
10
13
14
16
17
18
19
20
23
24
29
30
31
: < >

This Archive : 2011年05月07日

2011.05.07 *Sat*

なにもわかっていなかった

卒業式が終わり、前夜ママ友のアモちゃんから
誘われていたランチに出かけた。私の大好きな
街道沿いにあるお店。海が目の前に見えて
夜になるとカップルで賑わい、お値段も
リーズナブルな主婦には嬉しいお店。

話が弾み、ランチだけでは物足りず彼女のおうちに
移動。彼女のおうちは海より遠く離れた
4階建てのアパート。もう少しで東京に
引越しする予定の彼女。なかなか話が止まらない。
そろそろスマイルが帰ってくる時間。
今度お別れ会をしようねと言いながら
帰り支度を始めたとき、私の携帯がへんてこりんな
音を立て始めた。なに?うるさいわねと
カバンから携帯を取り出してあけたとたん
グラグラグラグラ。驚いて固まる私にテーブルの下に
入ってと叫ぶアモちゃん。茶箪笥からコップやお皿が
雨のように降ってくる。怖い怖いと叫ぶアモちゃん
弱虫なくせに妙に冷静だった私。よそのおうちの
ストーブを手を伸ばして消して「TVつけたらぁ」と
のんきに言った。大きな津波が来る恐れがありますという声
でも我が家の近くの海は津波は絶対にこないと
皆言っていた。隣町が危ないねとアモちゃんと
言い合ってた。あまり長い地震にちょっとイライラしてた。
家に帰ったら茶碗のかたずけがめんどうだなと思っていた。
いろいろ考えると面倒なので数を数えて遊んでた。
アモちゃんがどうしてそんなに冷静なの?怖くないの?と
言いながら叫んでた。怖い?う~んちっともだな。

茶碗が雨のように降ってくるので怪我をすると
嫌なのでいつまでもテーブルの下にいた私たち
アモちゃんの近所のAさんが「家が崩れるから出てきな!」
ふ~んと思いながら足元に気をつけながら外へ
そういえば卒業式で浮かれていてちょっとおしゃれして
母からもらったビーズつきのギラギラジーンズに
ボアつきのお気に入りのブーツをはいてたっけ。
上は忘れちゃったけどたぶんチャラチャラした服。

とりあえず家まで送るねとアモちゃんに送ってもらう。
途中でメイン道路が水だらけで動けなくなる。
やだぁ水道管破裂よ。断水?めんどうなことになるなぁ。
仕方がないのであるおうちの高台にある駐車場に車を乗り捨てて
歩いて帰ることにする。水で道路がいっぱいなので知らない方が
庭を通っていいよといってくれた。そのときストラップの
一つがいきなりきれた。確か赤い紐のストラップだったと思う。
まだ新しいストラップなのに。なんとなく嫌な予感が
したけど、お気に入りのお皿がたくさん割れたのかなとしか
考えていなかった。そしてめんどくさいという言葉で
頭がいっぱいだった。事の重大さが全くわかってない
愚か者だった。

3月11日 part2
スポンサーサイト


プロフィール

でんでんむし

Author:でんでんむし
東日本震災の被災者です。
家は半壊強。愛犬のレオンを
亡くしました。今は四倉高校を
でまして、市から提供された
海の目の前のマンションで暮らしています。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (13)



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Copyright © ふるさと All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ 素材: ふわふわ。り ・・・